Python Python 応用 プログラミング

Windowsでpythonを使う/配布する時に便利!Python embeddable package使い方

 

Pythonを使うシーンが多いけど、他の人に使ってもらうにどんな方法とるか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

方法として、色々ありますが、課題もあるかと思います。

  • Djangoとか使って、WebAPIにする
    → サーバー準備とか、めんどいなぁ
  • pyinstallerでexeにする
    → numpyとか入れると動作重いしなぁ

 

そこで、Windowsでの配布方法ではpython embeddable packageを使う方法があります。

 

本記事の内容

  • python embeddable packageのダウンロード
  • 環境設定
  • ライブラリのインストール
  • サンプルコードを動かしてみる

 

64bitの用のサンプルコードは下記よりダウンロードください。

サンプルコード

 

スポンサーリンク

ダウンロード

下記のリンクよりダウンロードします。

>>Python Releases for Windows

 

pythonのバージョンは好きなものを選び、その中から

「Windows embeddable package (**-bit)」

を選びます。バージョンはStable Releasesから選べばOKです。

 

 

ダウンロードしたら、適当にフォルダを作成して、その中に解凍したフォルダを入れます。

解凍したフォルダは長ったらしいので、python-3.*.*とか短くしましょう

先に書いておくと、最終的なフォルダ構成は下記のようになります。

 

環境の設定

いくつかファイルを作成、追加して、開発しやすい環境にします。

python consoleを動かすバッチファイル

解凍したpythonを入れているフォルダに二つのバッチファイルを作成します。

  • setenv.bat
  • python_console.bat

これがないと使えないというわけではないですが、作っておいた方が便利です。

 

setenv.bat

PYTHON_PATHはバージョンというかpython embededdのフォルダ名に合わせてください。

python_console.bat

anacondaだと各環境ごとにターミナル起動できますが、それと同じようなものです。

cd python-*.*.*のところもダウンロードしたバージョンのフォルダに変更してください。

pipをインストール

ダウンロード

ダウンロードしたpythonではpipが使えないので、下記リンクから、get-pip.pyをダウンロードします。

>>ダウンロード先

 

get-pip.pyのリンクを右クリックでダウンロードします。

ダウンロードしたら、python-3.*.*のフォルダに入れます。

 

 

インストール

先ほど作成した、python_console.batを叩いて、下記を入力して、エンターを押します。

 

 

python**._pthの編集

python**._pthのファイルの中身を編集します。ファイル名はバージョンによって違います。

修正箇所は、import siteの前についている#を削除します。

 

 

ライブラリのインストール

次に、numpyなど必要なライブラリをインストールします。

まず、python_console.batを動かします。

あとは、いつも通り、pip install ***をするだけです。

 

 

サンプルコードを動かしてみる

実際にpythonコードを動かすにも注意点があるので、そこに触れながら、

サンプルコードを動かします。

サンプルコードはpython embeddedと同じ場所にCODEというフォルダを準備して

そこに下記のような感じで、pythonファイルを置きたいと思います。

hogeフォルダとfoo.pyはmain.pyで読み込むためのものです。

 

main.py

main.pyの中身は下記にしています。

ただの、Hello worldですが、foo.pyもimportしています。

main.pyの実行

python_cosole.batを起動して、下記を実行します。

そうすると、No module named 'hoge'と怒られます。

 

sys.pathを確認すると、以下のようになっています。

 

これを解消したいので、python36._pthを削除します。

 

もう一度、sys.pathを確認します。これでOKです。

 

もう一度、main.pyを動すと、ちゃんと動きます。

 

これで、あとはひたすらコーディングをしていけばOKです。

 

最後に

pythonコードのフォルダ構成は自由に変えてもらっても良いですし、

配布するときは、batファイルとかでpythonを実行するようにすると便利です。

 

この環境で、デスクトップアプリの開発を説明しているので下記も参照ください。

参考【python 活用】【PyQt5】デスクトップアプリ化して配布 -その1 ウィンドウを作成-

続きを見る

 

-Python, Python 応用, プログラミング
-

© 2021 ひつじ工房 Powered by AFFINGER5