CODE

CODE Python

pythonでDICOMフォーマット(医療用画像)の読み込み

2020/5/19    ,

AIによる解析案件があり、普段一切触ることのない、DICOMファーマットに出会いました。 DICOMDICOM(ダイコム)とは、CTやMRI、CRなどで撮影した医用画像のフォーマットと、それらを扱う医 ...

AI Cloud CODE DeepLearning GCP Python

2019年 Windows GPU DeepLearning環境構築

2020/5/19    , ,

最近、ちょいちょいWindowsのGPUマシーンにDeepLearning環境構築のため Visual Studio 2019 CUDA 10.0 cuDNN 7.6.3 をインストールすることがあっ ...

CODE Python

Windowsでpythonを使う/配布する時に便利!Python embedded使い方

2020/5/19    

Pythonを使うシーンが多いけど、他の人に使ってもらうにどんな方法とるか悩んでいる方も多いのではないでしょうか? 方法として、色々ありますが、課題もあるかと思います。 Djangoとか使って、Web ...

ai baby monitor system

AI Cloud CODE DeepLearning IBM Cloud Jetson LINE Node Red Python エッジ チャットボット 子供

赤ちゃんをJetson NanoのエッジAIにも見守ってもらう④ - LINEからJetson Nano操作 -

赤ちゃんが泣くと、LINEで通知来るようにしたので 通知が来たら音楽をかけてあげれるようにしたいと思います 家にいる嫁は迷惑かもしれませんが(笑) システム構成 システム構成は下記図になります。まだW ...

ai baby monitor system

AI Cloud CODE DeepLearning IBM Cloud Jetson LINE Node Red Python エッジ チャットボット 子供

赤ちゃんをJetson NanoのエッジAIにも見守ってもらう③ - LINEにメッセージ -

Jetson nanoに(まだまだ未熟な)AIをのけて、赤ちゃんの状態を検知できるようになったので とりあえずシンプルなところから 状態を検知して、LINEにメッセージを送ってくれるようにしたいと思い ...

AI CODE LINE チャットボット

LINE Message API - Push Message -

PushMessageと呼ばれる、 Botアカウントから、ユーザーにメッセージを送る機能が使いたい ただ、使えるかどうかも分からなかったので、調べた結果をまとめます。 結論 先に結論を言えば使えます。 ...

ai baby monitor system

AI Cloud CODE DeepLearning IBM Cloud Jetson LINE Node Red Python エッジ チャットボット 子供

赤ちゃんをJetson NanoのエッジAIにも見守ってもらう② -赤ちゃん検知AI-

前回の赤ちゃん見守りAIのシステム構想をしたので、その続きです。 赤ちゃんをJetson NanoのエッジAIにも見守ってもらう① -システム構想- 最初に、赤ちゃん検知AIを作成しようと思います。 ...

ai baby monitor system

AI Cloud DeepLearning IBM Cloud Jetson LINE Node Red Python エッジ チャットボット 子供

赤ちゃんをJetson NanoのエッジAIにも見守ってもらう① -システム構想-

Jetson nano購入赤ちゃん生まれる と二つが重なり、ふと思い立ちました。 赤ちゃん見守りAIの開発!! 赤ちゃんとかペットとかの見守りカメラは見かけますので、それにAIを実装して、赤ちゃんの状 ...

line Watson bot

AI Cloud CODE IBM Cloud LINE チャットボット

無料で作る LINE & Watsonチャットボット開発 -問い合わせを簡単に-

ユーザーが苦労して入力した質問が解釈できない時に、 と返信が帰ってくると、一気に調べる気がなくなります。 これではユーザーに優しくないので、調べやすく、改良していきたいと思います。 リッチメニューと解 ...

line Watson bot

AI CODE IBM Cloud LINE チャットボット

無料で作る LINE & Watsonチャットボット開発 -おしゃれなメッセージを返信しよう-

商品について、単にテキストで¥200円とかでは、味気ないし、ユーザーに優しくありません。 そこで、Flex Messageを活用して、リッチなUIにしていきたいと思います。 前回、作ったチャットボット ...

© 2020 ひつじ工房 Powered by AFFINGER5