2019年 Windows GPU DeepLearning環境構築

AI

最近、ちょいちょいWindowsのGPUマシーンにDeepLearning環境構築のため

  • Visual Studio 2019
  • CUDA 10.0
  • cuDNN 7.6.3

をインストールすることがあったので、その手順を記事にしておきます。

今回は「やっぱりGUIが欲しい!GoogleCloudPlatformでWindows GPU環境」で構築した、

クラウドの環境にインストールします。

スポンサーリンク

ダウンロード

必要なものをダウンロードします。合計3つになります。

VisualStudio 2019

ダウンロードは下記リンクの下の方にある

Visual Studio2019ツールのBuild Tools for Visual Studio 2019

をダウンロードします。

Visual Studio 2019 for Windows および Mac のダウンロード
Visual Studio Community、Professional、Enterprise をダウンロード。今すぐ Visual Studio IDE、コード、または Mac を無料でお試しください。

CUDA10.0

ダウンロードは下記リンクから行います。

インストールするPCの環境に合わせて、Select Target Platformを変更して

ダウンロードします。Install Typeはnetworkでもlocalでもどちらでも良いです。

CUDA Toolkit 10.0 Archive
Select Target Platform Click on the green buttons that describe your target platform. Only supported platforms will be shown. Operating System Architecture Dist...

cuDNN 7.6.3

ダウンロードは下記リンクより行います。

NVIDIA cuDNN
NVIDIA cuDNN The NVIDIA CUDA Deep Neural Network library (cuDNN) is a GPU-accelerated library of primitives for deep neural networks. cuDNN provides highly tune...

Download cuDNNを選択するのですが、ログインが必要になります。

ログインしたら、下記のfor CUDA10.0の「cuDNN Library for Windwos10」をダウンロードします。

インストール

インストールは下記の順番にしていきます。

順番通りにしかインストールできないので、注意してください。

VisualStudio 2019

OSが英語なので、英語表記になっています。

とりあえず、Continueを押します。

C++ build tools、.Net desktop build toolsにチェックを入れて、インストール

再起動して完了

CUDA10.0

ダウンロードしたexeを叩きます。

インストール先は特に変更せず、OKを押します。

agree and continueを押します。

Expressが指定されている状態で、Nextを押します。

チェックを入れて、Nextを押します。

しばらく待って

インストール完了

私は、この記事記載しているときに、エラーが出たので、一旦CUDA10.1をインストールしてから

CUDA10.0をインストールするとインストールできました。謎です。

CUDA10.1はまだ、Tensorflow1.14がエラー出ます。*2019年8月25日現在

cuDNN 7.6.3

cuDNNは、インストールされたCUDAのフォルダに上書きします。

インストールされたCUDAは下記に入っています。

C:\Program Files\NVIDIA GPU Computing Toolkit\CUDA\v10.0

ここに、解凍した下記のフォルダたちを移動して、上書きします。

サンプル動作確認

一応、MNISTで動作確認。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました