Python Python 入門 プログラミング

【python 入門】list(リスト)の内包表記の書き方、使い方

 

pythonは面白い書き方が多いですが、list(リスト)の内包表記もその一つで、最初見た方はわかりにくいのではないでしょうか?

 

本記事はこんな方におすすめです。

hituji
python始めたが、forの変な書き方(内包表記)があってわからない

 

本記事の内容

  • 内包表記の基本的書き方
  • 条件分を使った書き方
  • 関数を使った書き方

python入門 基礎まとめも参考にしてください。

>> python 入門 基礎まとめ

 

サンプルコード

スポンサーリンク

基本的な書き方

まず、一番基本的な書き方は以下のようになります。

for文を1行でかけます。

 

早速使ってみますが、まず内包表記でない普通のfor文の場合をみていきます。

イテラブルにはrange(5)=(0,1,2,3,4)を使って、繰り返し処理をします。

 

処理のイメージがわかったら、この処理を内包表記で書いていきます。

 

見比べて、処理イメージをつかんでください。

イテラブルなlistとかtupleから取得する、iの値は使っても使わなくても良いです。

 

例えば、下記のように乱数を5つを作ることもできます。

 

if文を追加

if文は以下のように追加していきます。

条件に一致するものだけが、処理されていきます。

イテラブルには、先程乱数を作ったnum_listを使います。

 

まずは、普通のfor文から。

 

これを内包表記にすると

 

if else文を追加

次は、if else文を追加します。

まず、普通のfor文

 

これを内包表記にすると

 

関数を追加

5つの乱数を最大値、最小値を計算する関数を使って処理してみましょう。

まずデータを作成。大量のデータを処理しているイメージで、10万ほど作ってみます。

 

次に、最大値と最小値を計算する関数を用意します。

 

では、これをfor文で処理していきます。

 

これを内包表記にすると

最大値と最小値が計算できています。

 

以上ができれば、内包表記については完璧です!

内包表記もそうですが、pythonには変わった書き方が多いので、しっかり習得しましょう。

 

-Python, Python 入門, プログラミング

© 2021 ひつじ工房